東京鳥撮り

ソニーα7R4で都内を中心に近県で撮影した野鳥写真のブログです

天然記念物を勘違い

 ブッポウソは、国の天然記念物だとばっかり思っていたんですが、ブッポウソウの繁殖地が天然記念物に指定されていたんですね。勘違いしていました。ただし、現在は繁殖地では無いようです。

 沢山撮ったんですが、変化が少なく同じような写真ばかりになってしまいました。なので、今日の1枚で今回の遠征の写真はお終いです。

 次回は、6月の終わり頃に行って見たいと思います。

 

f:id:hanga-01:20200604205250j:plain

ブッポウソウ2

 昨日の記事でも書いたように、距離が60m前後有ったので×1.4のテレコンと「超解像ズーム」を使ってみました。

現場でカメラを通して見た時は、テレコンはダメだなと思ったんですが、PCで見るとそこそこ見られそうです。「超解像ズーム」は空抜けの露出補正が今一で評価できません。違った場面で使わなかったのは失敗でした。

 鳥撮りに行く度に失敗の繰り返しです。失敗しなければ成功はないと思って、また鳥撮りに出掛けます。

 

f:id:hanga-01:20200602201603j:plain

f:id:hanga-01:20200602201637j:plain

f:id:hanga-01:20200602201700j:plain

f:id:hanga-01:20200602201723j:plain

準備不足(ブッポウソウ)

 久しぶりに鳥撮りに行って来ました。夏鳥の定番、オオルリキビタキは見る事が出来ず、この時期期待のサンコウチョウもシャッターチャンスが有りませんでした。

 そんな鳥撮りだったんですが、シャッターチャンスを沢山くれたのがブッポウソウでした。なかなか見る事の出来ない鳥なんですがねー。

 小雨が降る中、60m前後の距離が有り解像感は今一ですが満足です。本当は自分の力不足なんだけど、雨と距離を理由にしちゃいました。

 今回の遠征で幾つかの反省点が有りました。

 一つは、雨への備えが出来ていませんでした。カメラとレンズを覆うレインカバーは必須ですね。もちろん自分の雨具も。

 アウトドアの趣味では、時間と共に変化する気象状況に対応できなければ、楽しさも半減してしまいます。

 もう一つは、マニュアルでシビアなピント合わせをしているにも関わらず、レリーズを持ってなかったんですよー。レリーズを使っていれば、もう少し解像感がアップしたのになー。と、ここでもレリーズが無かったことを理由にしています。

 良い写真を撮るには、事前の準備も大事な事を痛感した1日でした。

 

f:id:hanga-01:20200601204115j:plain

f:id:hanga-01:20200601204140j:plain

f:id:hanga-01:20200601204021j:plain

f:id:hanga-01:20200601204049j:plain

休みは何しよう

 自粛生活が始まって、障子の張り替えや家の中の片付けを精力的にやって来たんですが、片付けも終わり次は何しよう?

 材料を集めていたアンプ作りを始めようと思っています。音に拘りが有るとかじゃなくて、作ることが好きなんです。今まではキット中心だったんですが、今回は本当の手作りになります。3基作る予定なので、ゆっくりと時間を掛けてやるつもりです。

 その他にも、ウッドデッキの張替え等、予定は盛り沢山です。家に居るのもなかなか楽しいですね。

f:id:hanga-01:20200510202104j:plain

f:id:hanga-01:20200510202134j:plain

f:id:hanga-01:20200510202202j:plain

f:id:hanga-01:20200510202242j:plain